フェイスラインの脱毛

トップページ → フェイスラインの脱毛をしたいあなたへ

フェイスラインの脱毛をしたいあなたへ

顔脱毛ひたい

脱毛サロンによって、定義が異なりますが、フェイスラインとは、顔の輪郭に沿ったラインを指しています。もみあげや、アゴの裏側などが含まれる場合があり、頭髪の生え際のあいまいさをはっきりさせたり、乱れたもみあげの生え方を矯正したりすることも可能です。ただし、サロンによっては、もみあげも頭髪の一部と見なされるため、施術を行わずに、アゴ周りのみを「フェイスライン」と位置付けることもあります。また、ほほとフェイスラインを合わせた「顔」と位置付けることもありますので、お店選びをする際に、公式HPをチェックして、フェイスラインの定義を、あらかじめ確認しておきましょう。

仮に、顔の輪郭ばかりを脱毛した時、それ以外の部位の産毛が目立ってしまっては、意味がありません。サロンによっては、鼻下やもみあげしか、脱毛できないところもありますが、顔全体の脱毛ができるサロンであれば、トータルでの顔脱毛が叶いますので、コンプレックスを打ち砕くことができるでしょう。

フェイスラインを脱毛することのメリットは、顔の輪郭をはっきりさせることができる、ということです。顔の産毛がなくなることにより、顔の陰影が付けやすくなり、ファンデーションのノリが良くなります。また、産毛の色が肌の色を変えることもなくなりますので、肌のくすみもなくなります。多少、根気強い施術が必要になりますが、フェイスラインは、12回程度の脱毛が目安です。光照射も回数を重ねると、肌にダメージを与えてしまいますので、肌ケアを丁寧に行うサロンを選びましょう。

フェイスラインの脱毛ができる脱毛サロン比較

フェイスラインの脱毛は、脱毛サロンによって、定義が異なります。特に、もみあげに当たる部位の脱毛に関しては、サロンごとの見解が異なるため、事前に公式HPなどで、脱毛範囲を把握しておきましょう。フェイスラインの近くには、甲状腺があり、脱毛機器の光照射で変性を起こす可能性があるため、サービスの比較は必ず行いましょう。

サロン別 フェイスラインの脱毛比較表
  ディオーネ エステティックTBC エヴァーグレース 脱毛ラボ ル・ソニア
ディオーネ
エステティックTBC
エヴァーグレース
脱毛ラボ
ル・ソニア
料 金 36,000円 6,000円 - - 35,640円
回 数 6回 2回 - - 5回
1回あたり 6,000円 3,000円 - - 7,128円
次に脱毛できるまでの期間 3〜4週間 2〜3ヶ月 - - 3ヶ月
部 位 お顔全体 フェイスライン+ひたい+鼻下+アゴ+ほほ - - フェイスライン+ひたい+鼻下+ほほ+あご+他
サービス パック有
シェービング有
保湿ケア有
- - - -
フェイスラインの単体設定なし。顔全体のセットメニューで、もみあげも網羅。痛くない脱毛で安心。 フェイスラインは、Lパーツ1回7200円から。もみあげも網羅され、首後ろなどとセットで脱毛するのが◎。 顔脱毛4カ所×3回コースがメインだが、フェイスラインに関しては、設定なし。脱毛範囲に関しては、要問合せ。 キセノンライトを使用しているため、もみあげ、顎の範囲を超えた脱毛はNG。甲状腺に照射するリスクあり。 顔脱毛1回5940円、フェイスラインも網羅。両フェイスラインとアゴ下が別で、仕上がりは丁寧。
 
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

フェイスラインの脱毛でオススメのサロンはココ

フェイスラインの脱毛ならディオーネ
自然な仕上がりのフェイスライン脱毛

フェイスラインの脱毛は、サロンごとに定義がまちまちで、カウンセリングの時などに、施術が可能かどうか、確認することが大切です。フェイスラインの近くには、「甲状腺」と呼ばれる体の器官があり、強い光を浴びると、変性する可能性があるため、フェイスラインへの照射には、慎重になるサロンがほとんどです。

ディオーネでは、光の特性が異なりますので、首への照射も可能としていますが、フェイスラインの設定がないので、事前に確認が必要です。顔全体脱毛では、もみあげも範囲に含まれています。もみあげの生えぐせが気になる場合は、脱毛を受けてみると良いでしょう。ディオーネのハイパースキン脱毛は、自然な仕上がりとなる施術が可能です。

もみあげから、アゴのラインにかけての脱毛は、頬や顎、首(全面)のコースでカバーできる可能性があります。希望する場合は、カウンセリングの際に、話をすることが大切です。ディオーネは、肌が弱い方でも安心して施術を受けられる工夫をしています。肌にダメージが起きやすいフェイスラインでも、熱さや痛みを感じることなく、お手入れが受けられます。



arrow ディオーネの無料カウンセリング詳しくはこちら

部位から選ぶあなたにぴったりの脱毛サロン

顔脱毛と一口に言っても、施術する部位は、脱毛サロンごとに異なります。また、採用している脱毛方式によって、施術できる部位に制約が生じます。体の脱毛に定評があっても、顔の脱毛は行わないサロンもあるので、事前確認が必要です。例えば、顔全体をいくつかのブロックに分けて脱毛するサロンや、部位ごとに細かく分けて、料金設定をしているサロンもあります。顔全体を脱毛する契約をすると、費用が高額になりますので、注意をしましょう。

部位から選ぶあなたにぴったりの脱毛サロン

顔脱毛と一口に言っても、施術する部位は、脱毛サロンごとに異なります。また、採用している脱毛方式によって、施術できる部位に制約が生じます。体の脱毛に定評があっても、顔の脱毛は行わないサロンもあるので、事前確認が必要です。例えば、顔全体をいくつかのブロックに分けて脱毛するサロンや、部位ごとに細かく分けて、料金設定をしているサロンもあります。顔全体を脱毛する契約をすると、費用が高額になりますので、注意をしましょう。

  • ひたい
  • ほほ
  • 鼻下
  • アゴ
  • フェイスライン

ひたいの脱毛

ひたい(額)は、頭髪の生え際から、眉上までの部位を指しています。この部位は、産毛が多いゾーンとしても知られており、髪の生え際との区別が付けにくい、というデメリットがあります。また、一般的な光脱毛の場合、黒色に反応する波長の光を利用するため、眉毛や頭髪が欠損する可能性があります。

目にヤケドを負う等の重篤な被害が出るリスクもあるため、施術できるサロンが限られています。サロンによっては、眉間までをカバーできる場合もありますので、確認されることをおすすめします。

ただし、頭髪が欠損するリスクから、生え際ぎりぎりの脱毛は行わないサロンもあります。arrow 気になるひたいの脱毛はこちら


ほほの脱毛

ほほ(頬)は、両側の頬全般の部位を指しています。フェイスラインと一部かぶるため、サロンごとに定義があいまいで、頬骨の一番高い部位から、下の面積の広い部分までを、「お手入れ可能ゾーン」として位置付けているサロンがほとんどです。

産毛がメインとなる部位なので、顧客ニーズは少ないのですが、脱毛することで、化粧ののりが良くなるメリットがあるため、ほほの脱毛に挑戦される方も増えています。

光を照射することで、肌の新陳代謝が活発になり、肌の調子が良くなるメリットもあります。ただし、施術できるサロンは限られているため、事前確認が必要です。arrow 気になるほほの脱毛はこちら


鼻下の脱毛

鼻下は、鼻の下から上唇までの範囲を指しています。ほうれい線ができる部位を境にし、狭い範囲ではありますが、ひげのような産毛が生えてくるため、ムダ毛を少なくしたい、と考える方が多い部位です。

副作用も比較的少ないことから、多くの脱毛サロンがお手入れを受け入れている部位です。ただし、鼻下だけで、Lパーツの取扱いとしているサロンもありますので、事前に確認が必要です。

また、肌の乾燥の激しい方が脱毛をすると、「全く効果が得られない」と感じる場合もあります。普段から保湿ケアを万全に行い、柔らかい肌を作るのも、脱毛を効果的に続けるための秘訣です。
arrow 気になる鼻下の脱毛はこちら


アゴの脱毛

アゴ(顎)は、下唇の真下から顎先までを直線で結び、それを直径に見立てた、円の範囲を指すことがほとんどです。産毛が目立つ部分ですが、年齢を重ねるごとに、ヒゲに近い、濃い産毛が増えるため、お手入れを始める方が増えています。

脱毛サロンによっては、顎を含めたフェイスラインで提供をしているので、事前に確認することが必要です。もちろん、フェイスラインと顎を別料金にしているサロンもあるので、ムダ毛の量に合わせて、サロンをチョイスすると良いでしょう。

顎は、大人ニキビができやすい部位です。光脱毛を受けることで、肌の代謝が活発化し、ニキビの状態が良くなります。お手入れ後の肌ケアが丁寧なサロンで、顎を脱毛する。arrow 気になるアゴの脱毛はこちら


フェイスラインの脱毛

フェイスラインは、サロンごとに定義が違いますが、大体は、もみあげが生える部位から、顎の骨に沿ったラインのことを指します。また、この部位には、裏顎も含まれることがあります。

フェイスラインと鼻下を除く、頬をまとめてお手入れできるサロンもありますので、事前に比較検討されることをおすすめします。

便宜上、「もみあげ」という言葉を使っていますが、実際には、頭髪に当たる可能性があるため、もみあげの脱毛は行わないケースも考えられます。カウンセリングの時に、脱毛箇所に関して、納得できるまで話を聞きましょう。なかなか効果が表れない、といった口コミもある部位ですが、根気強くお手入れを続けることで、きれいな肌を手に入れることが可能です。arrow 気になるフェイスラインの脱毛はこちら