鼻下脱毛

トップページ → 満足できる鼻下脱毛がしたい!

満足できる鼻下脱毛がしたい!

鼻下脱毛

鼻下のムダ毛は、女性にとって、「敵」に近いくらい、イヤなものです。毎日お手入れをしていると、肌を傷めてしまうし、何日かに1度、お手入れをしようと決めると、鼻下の毛が目立つくらいまで伸びてしまい、恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。また、年齢とともに、濃くなってしまうこともあります。男性のヒゲのような毛が生えて、びっくりする方もいるほどです。そのため、脱毛サロンを利用して、脱毛を試みる方が増えているのです。

サロンで脱毛しても、何度も繰り返し、脱毛しているのに、なかなかキレイにならない、照射後の毛が抜け落ちにくい、という経験をされた方も、多く見受けられます。鼻下の毛は、根深いところに毛根があるため、抜け落ちにくいのです。また、頬などと比べると、皮膚が固いため、肌が激しく乾燥しやすいという特徴があります。乾燥肌になると、ムダ毛が抜け落ちにくくなります。

満足のいく鼻下脱毛をしたい、という場合は、サロン選びが重要です。肌ケアをきちんとしてくれるサロン、脱毛方式にこだわっているサロン、顔にも使用できる、安全な脱毛機器を使用しているサロン、などを選びます。顔全体の脱毛ができるサロンは少ないですが、鼻下のみであれば、ほとんどのサロンが対応可能です。サロンのサービスなどと合わせて、納得できる鼻下脱毛を行いましょう。

鼻下脱毛を行っている時は、保湿ケアを入念に行います。コラーゲン導入などの、美肌効果が得られるお手入れを施してくれるサロンなどを利用すると、毛が抜けない、新しい毛が生えにくくなる、などの効果が得られます。

鼻下の脱毛ができる脱毛サロン比較

鼻下脱毛は、ほとんどの脱毛サロンで受けられるサービスです。脱毛方式によっては、抜けるまでに時間がかかる、キレイにならない、などの難点が挙げられます。ただし、全身脱毛や、顔脱毛コースに含まれているなど、他の部位とセットで脱毛できるサロンもありますので、比較検討して、サロンを決めることをおすすめします。

サロン別 鼻下の脱毛比較表
  ディオーネ エステティックTBC エヴァーグレース 脱毛ラボ ル・ソニア
ディオーネ
エステティックTBC
エヴァーグレース
脱毛ラボ
ル・ソニア
料 金 15,000円 6,000円 3,900円 15,448円 35,640円
回 数 6回 2回 3回 6回 5回
1回あたり 2,500円 3,000円 1,300円 2,503円 7,128円
次に脱毛できるまでの期間 3〜4週間 2〜3ヶ月 1〜4ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
部 位 鼻下 鼻下+ひたい+アゴ+ほほ+フェイスライン 鼻下+ひたい+あご+ほほ 鼻下 鼻下+ひたい+ほほ+あご+フェイスライン+他
サービス パック有
シェービング有
保湿ケア有
- - - -
ディオーネの鼻下脱毛は、産毛までキレイにできる、ハイパースキン脱毛。保湿ケアがついて、6回15000円から。 セットプランを利用するとお得。ひげのように濃く、太くなった毛にも対応可能。 顔脱毛と称して、鼻下を含む全ての顔の脱毛が可能。4カ所3回3900円と、リーズナブルに脱毛でき、顔の美白効果も◎。 顔脱毛ができる、数少ない部位。1回単発2980円から。都度払い可能。全身脱毛で、くまなくキレイにしたい方にオススメ。 鼻下を含む顔全体を「顔脱毛コース」で脱毛可能。プラセンタ導入で、ムダ毛のない、化粧のりの良い肌へ。1回5940円。
 
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

鼻下の脱毛でオススメのサロンはココ

鼻下の脱毛ならディオーネ
ヒゲにも産毛にも◎の鼻下脱毛

鼻下のムダ毛は、ヒゲのような濃い毛だけではなく、透明で、細い産毛なども混ざっています。体にあるムダ毛のように、全てが同じ質感を持った毛ではないので、なかなか脱毛サロンでの効果が得られにくい、とされています。「時間がかかる」、「光を照射したのに、抜けない」などの不満を、実際に経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでおすすめしたいのが、ディオーネの鼻下脱毛です。鼻下だけをピンポイントに脱毛できるので、リーズナブルにお手入れを始めることが可能です。また、ハイパースキン脱毛という、従来とは異なる脱毛方式を導入しているので、今、生えている毛が退行期へ移行したら、肌がきれいになり、新しい毛が生えてこないことを実感できることでしょう。

ディオーネでは、肌質を整えるコラーゲン配合のジェルを使用するため、光脱毛後の肌の乾燥を防げるのも、魅力です。オプションで、美肌ケアも導入できるので、アンチエイジング効果も得られます。



arrow 顔脱毛しながら美肌になれるディオーネ詳しくはこちら

部位から選ぶあなたにぴったりの脱毛サロン

顔脱毛と一口に言っても、施術する部位は、脱毛サロンごとに異なります。また、採用している脱毛方式によって、施術できる部位に制約が生じます。体の脱毛に定評があっても、顔の脱毛は行わないサロンもあるので、事前確認が必要です。例えば、顔全体をいくつかのブロックに分けて脱毛するサロンや、部位ごとに細かく分けて、料金設定をしているサロンもあります。顔全体を脱毛する契約をすると、費用が高額になりますので、注意をしましょう。

  • ひたい
  • ほほ
  • 鼻下
  • アゴ
  • フェイスライン

ひたいの脱毛

ひたい(額)は、頭髪の生え際から、眉上までの部位を指しています。この部位は、産毛が多いゾーンとしても知られており、髪の生え際との区別が付けにくい、というデメリットがあります。また、一般的な光脱毛の場合、黒色に反応する波長の光を利用するため、眉毛や頭髪が欠損する可能性があります。

目にヤケドを負う等の重篤な被害が出るリスクもあるため、施術できるサロンが限られています。サロンによっては、眉間までをカバーできる場合もありますので、確認されることをおすすめします。

ただし、頭髪が欠損するリスクから、生え際ぎりぎりの脱毛は行わないサロンもあります。arrow 気になるひたいの脱毛はこちら


ほほの脱毛

ほほ(頬)は、両側の頬全般の部位を指しています。フェイスラインと一部かぶるため、サロンごとに定義があいまいで、頬骨の一番高い部位から、下の面積の広い部分までを、「お手入れ可能ゾーン」として位置付けているサロンがほとんどです。

産毛がメインとなる部位なので、顧客ニーズは少ないのですが、脱毛することで、化粧ののりが良くなるメリットがあるため、ほほの脱毛に挑戦される方も増えています。

光を照射することで、肌の新陳代謝が活発になり、肌の調子が良くなるメリットもあります。ただし、施術できるサロンは限られているため、事前確認が必要です。arrow 気になるほほの脱毛はこちら


鼻下の脱毛

鼻下は、鼻の下から上唇までの範囲を指しています。ほうれい線ができる部位を境にし、狭い範囲ではありますが、ひげのような産毛が生えてくるため、ムダ毛を少なくしたい、と考える方が多い部位です。

副作用も比較的少ないことから、多くの脱毛サロンがお手入れを受け入れている部位です。ただし、鼻下だけで、Lパーツの取扱いとしているサロンもありますので、事前に確認が必要です。

また、肌の乾燥の激しい方が脱毛をすると、「全く効果が得られない」と感じる場合もあります。普段から保湿ケアを万全に行い、柔らかい肌を作るのも、脱毛を効果的に続けるための秘訣です。
arrow 気になる鼻下の脱毛はこちら


アゴの脱毛

アゴ(顎)は、下唇の真下から顎先までを直線で結び、それを直径に見立てた、円の範囲を指すことがほとんどです。産毛が目立つ部分ですが、年齢を重ねるごとに、ヒゲに近い、濃い産毛が増えるため、お手入れを始める方が増えています。

脱毛サロンによっては、顎を含めたフェイスラインで提供をしているので、事前に確認することが必要です。もちろん、フェイスラインと顎を別料金にしているサロンもあるので、ムダ毛の量に合わせて、サロンをチョイスすると良いでしょう。

顎は、大人ニキビができやすい部位です。光脱毛を受けることで、肌の代謝が活発化し、ニキビの状態が良くなります。お手入れ後の肌ケアが丁寧なサロンで、顎を脱毛する。arrow 気になるアゴの脱毛はこちら


フェイスラインの脱毛

フェイスラインは、サロンごとに定義が違いますが、大体は、もみあげが生える部位から、顎の骨に沿ったラインのことを指します。また、この部位には、裏顎も含まれることがあります。

フェイスラインと鼻下を除く、頬をまとめてお手入れできるサロンもありますので、事前に比較検討されることをおすすめします。

便宜上、「もみあげ」という言葉を使っていますが、実際には、頭髪に当たる可能性があるため、もみあげの脱毛は行わないケースも考えられます。カウンセリングの時に、脱毛箇所に関して、納得できるまで話を聞きましょう。なかなか効果が表れない、といった口コミもある部位ですが、根気強くお手入れを続けることで、きれいな肌を手に入れることが可能です。arrow 気になるフェイスラインの脱毛はこちら